【ネタバレあり】未来のミライを早速みてきた

どうも、最近は料理以外もやっぱり書きたくなったので、今回はタイトル通り【未来のミライ】という映画について書いていきます。

途中からネタバレありなので、この映画を見ようか迷っている人は参考にしていただければと思います。


(C)2018 スタジオ地図

未来のミライは、細田守監督が手がけた長編オリジナル作品第5作品目となります。前作はバケモノの子でまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

主に映画でフォーカスされるのは、主人公である男の子「くんちゃん」と妹の「みらいちゃん」です。

ここで、HPに掲載されている紹介文を引用します。

家一軒と庭一つ、どこにでもあるたった一つの家族を通して、生命の大きな循環、人の生の織り成す巨大なループを描き出す今作。
4歳の男の子とともに時間をこえた旅をすることで、我々一人一人も、自分の過去と未来に思いをはせ、命というものの不思議さと素晴らしさを見つめなおす― そんな映画ができあがりました。

2018年夏、世界中すべての人にまったく新しい「家族」と「命」の物語をお届けします!

ここからわかるのは、一つの家族を通し、何かしら時間を超えて物語が進むということでしょうか。
テーマに関しても、今回は「家族」であり、映画をみてから感じたのは「成長」かなと思います。

ただし、一つ注意して欲しいのは、「未来のミライ】というタイトルに大きく
ひっぱられて映画を鑑賞しないほうがいいです。

予告を見ればわかりますが、ミライちゃんだけでなく、色々な人が関わる中の一人として
未来のミライちゃんが出てくるのです。

なので、紹介文にもあるように、時間を超えた旅をする物語と頭に入れて映画を見に行ったほうが楽しいと思います。

次からネタバレありです—————————

まずこの映画の総評ですが、正直言って「サマーウォーズ」や「バケモノの子」のような作品だと思って見にいくと大変面白くないです。

なぜかというとストーリーに起承転結がまるでなく、盛り上がりに欠けるというのと主人公が4歳というのもあり、心理描写がよくわかりません

その辺り含めてネタバレしていきたいと思います。

今回の映画は、長編アニメとは言っていますが、違います。この映画は短編集で繋がった作品だと思ってください。

主人公のくんちゃんは、何かと問題児で生まれたばかりのミライちゃんのことがどうも好きになれないところからストーリーは進んでいきます。

最初はミライちゃんをおもちゃでぶって、お母さんに怒られたところ庭に逃げるとそこで、時空を飛びます。(と言っても、最初は微妙に意味が違いますが)

そこで、なぜか人間になって現れた飼い犬(ゆっこ)と会話をします。
ゆっこは「昔も私は可愛がられていたが、お前(くんちゃん)がきた頃から変わってしまった」と言います。

これは、今のくんちゃんの状況そのものです。ミライちゃんが生まれたことで、くんちゃんがあまり
構ってもらえなくなってしまった。。それを人間になったゆっこと話すことで気付くんですね。

最初の時空の旅はこんな感じ。

そしてこの映画はこのような時空の旅が5回ある、短編集なのです。

なので、それぞれの話の繋がりが微妙になく、また展開も読みやすく見ていて単調です。正直、迫力のある成長ストーリーのようなものを想像すると、ショックを受けると思います。
ただわかりやすいということは、小さいお子さんでも理解しやすいかと思います。

短編の内容はこんな感じ。

1.人間になったゆっことの話
2.高校生になったミライちゃんとの話
3.くんちゃんのひいじいじとの話
4.お母さんの小さい頃の話
5.高校生のくんちゃんと遭遇し迷子になる話

並べてみるとわかりますが、かなりバラバラです。

ただ一つ一つにきちんと意味があり、大体は下のパターンです。

くんちゃんが問題発生→庭に逃亡→時空を飛ぶ→そこでの人との会話で何かに気付く→現在に戻ってくんちゃんがなんかできた子供になってる

ひいじいじとの話は、自転車に乗れなかったけどひいじいじに乗り物の乗り方を教えてもらいますし、お母さんとの話では、片付けることを覚えます。
まあ何かしら失敗から気づきを得て成長していく感じですね。
でも、パターンになっちゃってるんで、3回目の時空の旅くらいからもう飽きてきます。

なので、今回の映画が何を言いたいのかをずっと考えていました。

それはおそらく「家族の成長」だと思います。

まず、くんちゃんは問題児ですが、時空の旅をすることによりだんだん色々なことに気づき始めます。最初はミライちゃんのことが好きではありませんでしたが、最後には「僕はミライちゃんのお兄ちゃん」だと自覚が芽生えます。

これと同時に、お母さんやお父さんも育児だったり、パートナーとしてどうあるべきかという気づきが生まれてくるのです。

(この2人がお父さんとお母さん)

例えば、お母さんはすぐ叱ってしまってそれを悔やんでいますが、ストーリーが進むにつれ叱らないで教育するという気づきを得ますし、お父さんも子育ては全然でしたが最後には立派に育児をこなせるようになっています。

つまり、「くんちゃん」の成長を主軸にしながら「家族」としての成長をこの映画は伝えたいのだと思います。なので、子供ができたばかりの家族とかはこの映画みるといいんじゃないかなーとも思います。

僕はまだ子供はいないので、この映画のターゲットじゃないから面白くなかったのだと勝手に判断してます。

あとこの映画面白くはないと言っていますが、映像の質はかなりいいです。
壮大というよりも細かい描写が丁寧に作られており、最後に出てくる未来の東京駅はかなり圧巻です。
映像を単純に楽しむのであれば、いい作品かなと。

ほんとはもっとつらつらと書きたいところですが、この辺にしておきます。
気になった方は見てはいかがでしょうか。

僕は今回の映画で、サマーウォーズが恋しくなったので、そちらをみることにします。
では、またー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA