【一人暮らし】レシピ通りに作るのは正しくも間違いだ

皆さんは、1から正確にレシピ通りで料理作ったことは何回ありますか?

最初は正確に、でも途中からどうでもいいやーってなっちゃいません?

僕の場合ほんとこのタイプで、今日のご飯どうしようかなと思ってレシピを探し、買い物をしさあ料理するぞっていうところまでは、レシピ頼りなんです。けれど途中から見るのだるくなっちゃうんですよね。。

というのも、料理中にスマホ触るの難しくないですか?
食材切ったら手は汚れてることあるし、手も洗ったら拭かないと触れないから、途中で見るのもめんどくさくなるんですよね。

で、タイトルの話です。料理を作ってて感じたのは、レシピに頼りすぎずでも、大事なところはきっちりレシピ通りにした方が、美味しいご飯が作れるし気楽だということ。

頼りすぎずというのは、食材の量だったり調理時間だったりです。
参考にいつも使ってる「みんなの今日の料理」からレシピをみてみましょう。

ランキング一位だった料理をみてみます。

「新たまねぎと豚肉の南蛮漬け」

どうでしょう、作りやすいと思いますか?それとも大変そうだと思いますか?

作りやすさよりも、まずは食材があるかを調べると思うので食材をみてみましょっか。

食材の種類や量は適当に

新玉ねぎと豚肉はいいですが、南蛮酢の材料を備えてあるかどうかがハードルになりそうです。男の一人暮らしであまり料理しないと、まず酢はないと思います。あと赤唐辛子って常備してる人とかどれぐらいいるんでしょうか。。

とまあ、こんな感じでレシピを見るときっちり揃えて料理するのは、案外しんどいです。食材とか調味料をわざわざ揃えたりとしないといけないので。

だからこそ、食材は適当に済ませてしまいましょう。

豚肉だって、別にもも肉じゃなくてもいいと思います。余ってるお肉を使うでもOK。今回のレシピだったら鶏肉でも十分美味しそうに作れそうです。
赤唐辛子も、辛味がなくていいなら使わなくてもいいし、七味とかで調整でもいいから律儀に作ろうとしなくていいと思います。

知り合いにいますが、律儀に作ろうとすると疲れちゃって料理めんどくさいなんていう人がいます。そういう人は、食材の代用品とか、代わりの味付けのバリエーションとかを持ってみるといいと思います。

あくまでレシピはきっかけ、今日のご飯のモチベーションを高めるものとかだと思いましょう。

さて、食材の段階で書きすぎましたが、今度は具体的な調理工程に行きましょう。

味付けは正確に

こちらが作り方ですね。一見4ステップで簡単そうだと思いますが、以外に調理中にこれをみながらやるのはしんどいです。

⑴はいいですよね、切るだけだから。問題は⑵です。材料を合わせる。
これはめんどくさい。特にめんどくさいからこそ、あんま料理しない人は適当にやりがちです。しっかりレシピをみながら量を測って混ぜるだけかと思いますが、調味料の数が多いものになるとやっぱりちょっとの手間でも面倒です。。

だけど、味付けの部分だけはレシピに頼りましょう。ここだけは頼ったほうがいいです。自己流でやる味付けはそこそこ料理慣れると普通にできますが、最初の頃はやめましょう。美味しくないご飯ができる確率大です。

つまり、調理開始前に味付けに関する工程、ここだとステップ2ですね。キューピーの3分クッキングばりに用意しておきましょう。もうかけるだけで済むくらいにしておくとレシピ見なくても、調理できるので。

つまり何を言いたいかというと、巷に溢れるレシピというのは味付けを参考にし、材料はアレンジするモノだと考えた方がいいです。
適当に見てて、なんかこれ食べたいなーと思ったら味付けはしっかりと、でも材料は家にあるものだけっていうのが気楽で続けやすいです。

あと一人暮らしだと作り置きとかもしないのでなおさら新しく材料を多く買って料理とかやめときたいですね。僕はなんども食材腐らせてましたし。。

レシピは、使い方がわかってくると料理の幅がどんどん増えて楽しくなると思います。
ただレシピがたまりすぎて作りたいのが溜まってくるのも悩みですが。

では今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA